CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< 撤収!(植松) | main | 生産(植松) >>
なんてことだ(植松)
 陸前高田。気仙沼。名取り。福島。新潟。長野・・・・・
ロケット教室や講演で関わった人たちやこどもたちが沢山います。

こんなときには、どんな機械が必要なんだろう。
自衛隊のレスキューホークががんばっていますが、
地面の液状化などで、地上の移動が困難なら、
空からいくしかないのかもしれません。
レスキューホークの原型はUH-60型の軍用ヘリです。
輸送用のヘリとしては、かなり頑丈です。
でも、もしも、軍事使用を考慮しなければ、もう少し
軽くできて、搭載量等を増やすことができるのかも・・・。

ヘリコプターは、一回につり上げられる人数に制限があるから、
助ける人の数を増やす為には、本当はヘリの数が多いことが望ましいです。
簡単に人を吊り上げられるとは思いませんが、
もっと民間ヘリの活用や、ヘリパイロットを増やす努力が必要かもしれません。

今回は、携帯電話がつながらず、困りました。
しかし、ネットやブログ、Facebookやツイッターは平然と動きます。
なぜなら元々が、分散化して生存性を高める為の仕組みだからです。
スマートフォンでwifiが使えるようになっていたものは、
連絡を取る為に役立ちましたが、携帯電話の電波はほぼあてになりませんでした。
以前にもかきましたが、アメリカでは、人が集まる場所は、ほとんどどこでも
ネット環境にありました。
どこでもパソコンを開けば、快速ネットにつながります。無料です。
海外のドラマで、かなりの田舎でもスカイプが普通に使えるシーンを
見たことがある人もいるはずです。
そういう環境では、スマートフォンやipadは、とても便利でしょう。
しかし日本は、すべて課金。
今回の災害で、小銭を巻き上げる努力をした結果の恐ろしさに
関係者は猛反省すべきです。
通信や交通は、国の力となるインフラです。
良い状態を提供したら国が発達できます。
今の日本のネット環境は、まるで一般道路すべてが有料道路のような状態です。
もうすこしひどい表現をしたら、すべての道に山賊がいて通行料を
取られる状態です。
なんとか、この状況の改善が行われて欲しいです。

今回の災害で、日本は変わると思います。
原子力発電所への視線も変わるでしょう。
ヘリコプターや航空機の分野でもなにか変化があるかも。
無線環境も変わるかもしれません。
建設機械や、災害救助の形もかわるかもしれません。
史上例のない災害ですからこそ、多くの人の命がかかっているからこそ、
よい方向にかわるきっかけに、せめてなってほしいと思います。

見たことのある町。
歩いたことのある町。
であった人たち。
逃げていて下さい。

できることがないからこそ、、
ニュースを見て、なにが必要かを、
ミクロに、マクロに、必死で考えます。

通信の規制が緩くなれば、こういう時の為に、
長時間飛べる小型の無人の映像電送ができるラジコン機が
やくにたちそうだなと思います。
GPSで位置を確認できると、人を捜したりするのにも
役に立つはずです。

仮設住宅も、ものすごい数必要になるでしょう。

やっておけばよかった。
という猛反省をしています。
もっとはやくに、かたちにしておくべきだった。
気がついていたのに。
| - | 05:05 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
ロケット実験ができなかったこと、本当に残念でしたね。
でも、生きていればこそ、次の機会が必ずあるはず…

被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。
自分には何ができるのか、真剣に考えております。

泊発電所が動き始めた頃、株主総会で原発反対!と三年ほど続けて一人で意見を述べましたけれども、虫けらのようなもの・・

でも、不安は現実となりました。
後始末までが確立されてから実用化すべきなのに、突発事故も想定外?
放射能ばらまき状態にならないことだけを祈っております。
| 紙パックおばさん | 2011/03/13 7:03 AM |
何とか無事です。
昨日一人住まいの母の家に駆けつけて
落ちた煉瓦を片付けて、燃料と食料を手配してきました。
手伝ってくれた隣組のおじさんたち、ありがとう。
僕もなすべきことをします。
| Shin | 2011/03/13 7:33 AM |
植松さんはやるべきことを最大限やってきたはず。
猛省よりも、今何が出来るかです。
今出来ることの思いつかない僕は、祈っています。
| まるは | 2011/03/13 8:56 AM |
先日は何から何までありがとうございました

今回の地震は数百年に一度の地震と聞きました
数百年に一度のためにわざわざ通信の品質を上げるISPは 日本に無いような気がします

無人機での捜索はすごい役立つと思いますが
結局「軍事技術だろ」と批判されるのがオチのような気もします

他の国ではどうなってるのかなぁ…
| 武藤 | 2011/03/13 9:28 AM |
ニュースを聞いて常に憤りを感じています
こんなに地震が人を殺したことはなかったのに
何ができるか考えたら今は募金しかなかったです
しかし、もうひとつあるだろうと思っています
それは自らの仕事です。
仕事のある人は仕事をがんばりましょう
きっとそれが国を立て直します。

こちらも帯広幸福より書いていますが、wifiがものすごく快適に使えます。
不思議です
これをただにするしかないです
無線LANをもっと普及させてなし崩しでもいいから無料化するべきです
| 高橋徹哉 | 2011/03/13 11:29 AM |
ぜひご紹介したい取り組みがあります
ツイッタ等でご存知の方もあると思うのですが
このたびの節電の運動を、ある若者が「ヤシマ作戦」と名づけてキャンペーンしています
http://yashima.me/
茶化すんじゃないという人もおられるでしょうが、サイトを見ると、何とかしなきゃという思いが痛いほど伝わってきます
ぜひ少しでも賛同していただいて、ちょっとでもいいです。パソコンを立ち上げているときはテレビを消す。誰もいない部屋の電気を消す。ちょっとした節電でどうにかなるならみんながやろうというこの取り組みをどうかご理解いただいて節電を皆さんでやりませんか?
| 高橋徹哉 | 2011/03/13 9:13 PM |
まだまだ日本も捨てたものではありません。つらいとき読んでみて。
http://prayforjapan.jp/tweet.html
| Shin | 2011/03/13 9:46 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/117