CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< なんてことだ(植松) | main | 消費税を上げろ!(永田) >>
生産(植松)
 今回の災害の被害は、莫大な消費になります。
物質だけではなく、GDPの担い手である人の命も失われています。
復旧のためには、相当な費用が必要です。
再発を防ぐ為には、さらなる地域開発も必要になるはずです。

国家の経済は、家庭の経済と同じです。
なぜなら、日本人の力の総和が国力だからです。
国の予算は、すべて僕らが生み出した価値の一部でしかありません。
ある意味では、巨大な募金機構とも言えます。

すでに、日本の国家経済はかなり厳しい状態にありました。
「普通」という価値観がその原因のように感じることもあります。
諸外国では、御殿のような家もあれば、トレーラーハウスもあります。
どちらも、住めば都です。
トレーラーハウスが負け組という訳ではありません。

しかし日本では、コストをかけない生き方、というチョイスが
ほとんどありません。
「住む」「食べる」「学ぶ」「医療」は、ピンからキリの幅が狭いです。
そして、足りない分を、「補助」するケースが多いです。
そうじゃなくて、コストをかけない生き方、という選択肢でも、
ちゃんと生きられるような社会を作る必要があるのではないかと思います。

日本の経済は、破綻寸前と言われていました。
国債という形で借金を増やすことは、貸し手が居るというだけで、
実は破綻から遠ざかる方向なので、発行額で破綻が決まるものではありません。
しかし、収支があっていない、という状態は、破綻です。

さらには、様々な企業の海外脱出により、働ける場所が急激に減っていたし、
ロボットより価値を生み出せない人材をものすごい時間と費用をかけて生み出す教育も
国力を低下させる大きな原因になっていたと思います。

さらに、この災害で、多くの企業が2週間運転を止めています。
単純に一年の4%の期間、仕事ができないということです。
企業にとって、4%は大きいです。

だからこそ、大事なのは、生み出すことです。生産です。
しかし、同じものを必要以上に作ったら、「安い×沢山」になってしまいます。
付加価値をつける中間流通業に関しては、本当の付加価値をつけるならいいですが、
ただ単に、右から左でいくらか乗っける、という付加価値をつけることは生産ではありません。
また、手にしたお金を、ただ浪費すると、結局その生産は消費だったことになります。

人生の時間を価値を生み出すことにつかい、得たお金を自身の価値向上の為につかう。
時間とお金を、大事につかう割合を増やすことが大事になります。

サマーウォーズというアニメーション映画の中で、
どんなことがあっても、人の役に立ちなさい、というような言葉がありました。
人の役に立つ。
言うことを聞く。ではないです。
自分で考える。行動する。です。

例えば、喫茶店で働く時、
喫茶店で働くために、そのお店のルールに従い、リーダーの指示に従うのは、
「力を合わせる」ためには、ものすごく重要です。
しかし、個々人がそれぞれに、人を思いやり、よりよくを求める、というのは、
指示できることではありませんし、勝手にやっていいことです。
落ちてるゴミを、「掃除しろ」と指示されるまでやらないか、
自分で気付くたびに始末するか。
来たお客さんに笑顔で接するか、無表情で接するか。
お客さんと会話をする、なんてのは、究極の「自分で考える」です。

人を思いやる優しさが、「かんがえる」なのだと思います。

これからの日本で、間違いなく必要とされるのは消費以上の生産です。
そして、生産とは、価値を生み出すことです。
価値を生み出すとは、人の役に立つことです。
人の役に立つとは、自分で考えて行動することです。
そして、自分で考えて行動するとは、思いやりと優しさです。

僕は小さい頃から、「優しいねえ」と言われました。
やがて意識して「優しい」を心がけたと思います。
人から必要とされたかったからだとおもいます。
でも、中学校に入ったら、「優しさ」の価値は劇的に暴落しました。
人生には、もっと大事なものがあるのだそうです。「成績」です。
自分の存在価値が失われた気がしました。

もしかすると、「優しさ」よりも成績が重要だ、という指導をした先生は、
自身も優しかったのかもしれません。
でも、その優しさが無駄になったような経験をしたのかもしれません。
もしくは、そういう経験をした人に、優しさなんて、と言われて鵜呑みにしたのか。

今回の災害を支援するアメリカ軍は、
作戦名を「オペレーション トモダチ」としたという記事を見ました。
今回の災害で、生産につながる優しさに気付き行動できる人が増えると思います。

できること。
それはもしかしたら、自分の人生の時間とお金を、周りの人の人生の時間とお金を、
大事にすることでもあるかもしれません。
そして、その考えの根底は、きっと「優しさ」なのだと思います。

小さい子は、みんな優しくて前向き。
僕らは記憶を消せないから、僕らの心の中にも、
小さい頃の優しくて前向きな記憶が入ってる。
だから、きっと大丈夫。
素直になればいいのだと思う。

今日は宮崎。行けるのかな?
火曜日は、仙台で講演予定でしたが、あるのかな。
ちゃんと移動できるか、ちょっと心配です。
講演してる場合じゃない気もするけど、
元気ややる気のほんのすこしのきっかけになるのなら、
未来を担うこどもを守る人が増えるためであるから、
可能な限り、がんばる。






| - | 04:39 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
本当、原発が早くおとなしくなってくれないかなあというこのごろです

今月1万円の家に暮らしています。
一軒家、築40年くらいかなあ、木造モルタル2階建て、トイレはぼっとん。水道は井戸。場所は帯広幸福
けど、ネットは無線LANでばりばり、光よりは遅いけど全然問題なし。うまくやれば90リットルの灯油が一月は持つ(もっと持たせられるかな)けど、まだコストは下げれそうです。
工夫することがちょっと楽しいです。

このくらいがちょうどいい
プラズマテレビもエアコンもないけど、それいるの?って感じです。
工夫はいくらでもできるなあという感じがしています。
| 高橋徹哉 | 2011/03/15 3:09 AM |
求む!

完全防塵・防放射能の使い捨てレインコート(NASAである?だったら低価でできないか?)

塵を100%撒き散らさない掃除機!

防塵完全100%空気清浄機!

放射能完全除去浄水器!

放射能中和薬?!etc・・・。

あ、もちろん’若者・子ども用’から造ってくださいね!。

懐あったかい孫を愛するおじぃちゃん、おばぁちゃんが喜んでお金、出しますよ!

眠っている?貴方のその頭脳は、日本・諸外国、注目してますよ〜!

ビジネスチャンス!

皇族の方も使ってくれるかも?!

もしかして、ノーベル平和賞もとれるかも!

素晴らしい頭脳と行動力を持った貴方、期待してますよー!

| こいぬ | 2011/03/20 8:33 AM |
いま、植松さんが言っていた直流自家発電と宅内配電を本気になって考える必要があると思っています。

背景は国のレベルでさえ太陽光自家発電を推奨し始めていることと、今回の「ヤシマ作戦」を含めた節電の効果です。

少しでも(この少しでもがポイント)電気を電力会社からかうのをやめてその分を電車や大口の工場に振り分ける。

別に家一軒を賄えというから大事になる
せめてパソコンとプラズマテレビくらい自家発電に頼ってもいいのでは?
そうすればバッテリーが高い蓄電も現実味を帯びる
ソーラーパネルだって小さく済む。
定常的な節電効果のほうを狙っていけないかと思っています。
時間はかかるだろうけどやってみたいと強く思っているネタです
| 高橋徹哉 | 2011/03/22 3:08 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/118