CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< 生産(植松) | main | できること(植松) >>
消費税を上げろ!(永田)
  年度末ということで、一昨日、昨日と続けて送別会でした。自粛することなく実施されましたが、ススキノは閑散としています。過度の自粛が進んでいるように思います。今朝、大学から節電を呼びかけるメールが全教員に配信されていました。削減目標20%で、逐次、達成状況をメールで配信するそうです。北海道から東北への送電能力は100万kWにも達しないくらいの貧弱なもので、北電はそれを遥かに上回る発電余力を有していますので、北電は節電の呼び掛けを行っていません。要するに、道民がいくら節電しても被災者への貢献はゼロです。自己満足したければ節電すれば?と思います。そういうわけで、研究室内にこのメールを転送する気になれませんでした。

 国民が消費を自粛すると、経済規模が縮小します。その結果、税収が減ります。阪神淡路大震災で復興予算として国から投じられた総額は5兆200億円だったそうです。今回はそれを上回る被害が出ていますので、10兆円規模の国費が必要でしょう。なのに経済規模が縮小して税収が落ち込むとすれば、国債の発行で復興予算を賄うしか手が有りません。恐らく買い手が不足しますので、かなりの額が日銀引受になると思います。禁じ手と言われている日銀の直接引受をこの規模で実施すれば、モラルハザードにより円の信認は崩れるでしょう(現政権にそもそもモラルが有るのかという議論は有りますが)。

 経済を縮小させてはいけません。過剰な自粛は被災地の復興を遅らせます。けれども、被災者が物資不足に耐えている中で、繁華街に繰り出して酒を飲むという行為が憚られるという気持ちも理解できます。ゴルフ場も閑古鳥が鳴いているそうです。被災者の厳しい状況がテレビ画面に溢れている中でゴルフを楽しむ気になれないのも、理解できます。それでも、国民が普段通りの遊興を続けることが経済規模を維持し、国難に立ち向かう国力に繋がることも、また事実なのです。

 国民が普段通りの経済活動を続けることの罪悪感を払拭し、かつ、復興予算を確保する一石二鳥の手が有ります。消費税を引上げ、増収分の全てを復興予算に充てるのです。我々が支払う金額の一定割合が常に、被災者のために使われます。全ての消費活動が寄付行為になるのです。被災者に気持ちを寄せながら消費活動を行う。これを実現するために是非、消費税を上げて頂きたい。

 現在の消費税による収入は、おおよそ10兆円だそうです。1%上げれば、2兆円の増収になります。復興予算の総額を10兆円としても、5年で回収できます。5年で償還する国債を10兆円、一気に発行するという手もあります。償還期間と財源が決まっている国債なら、市場は安心して買います。通常であれば消費税の引上げは消費を冷やしますが、今回は被災者への寄付と同義ですので、日本人であればむしろ積極的に消費するでしょう。消費税の引上げが消費を刺激するという、稀有なチャンスが今なのです。

 政権が消費税引上げに躊躇する理由は一つしかありません。国民の反発です。なので、国民の側から「消費税を上げろ!」と政権を突き上げれば、彼らが消費税引上げに躊躇する理由は無くなります。国民が声を上げればいいのです。

 何かしたいのに何もできないという焦燥感にはもうお腹一杯です。政府は早急に、国民全員が被災者のために貢献できるシステムを作るべきです。

「政府は消費税を上げろ! 被災していない国民は消費しろ!」

賛同頂ける方は、拡散にご協力ください。
| 社会一般 | 19:27 | comments(35) | trackbacks(0) | pookmark |
復興財源どうするんだろうと気になっていたのですが1%でそんな増収ですか、それなら消費に対する悪影響は軽微でしょうね。
大賛成です。微力ながらリツイート致しました。
又微力ながら経済活性化に貢献の為に飲みに行こうと思ったら行きつけの店が定休日でした(^^;
| (ぐ) | 2011/03/16 9:36 PM |
同じことを大前研一さんが言っています。それも1年間でもいいんだとも。
http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ&feature=player_embedded
先生一緒に飲んで食べて消費しましょうねぇ。
| 中村景子 | 2011/03/16 10:03 PM |
姫は日本経済のために毎日飲んでいるし、(震災の日を含め)昨日なんかテレビを買いました!
| M姫 | 2011/03/16 10:10 PM |
>道民がいくら節電しても被災者への貢献はゼロです。自己満足したければ節電すれば?と思います。
こういう言い方はどうかと思いますが?
モラルの無いのはあなたでは?
まっ ロケット飛ばしたくて飛ばしたくて金さえ出してくれれば誰でもいいような人たちだからな〜。
こういう人間が人を指導するとは.......疑問だ
| がっかり | 2011/03/16 10:24 PM |
がっかりさん

&#8226; 節電は自己満足に過ぎないというのは間違いだ。
&#8226; 確かに自己満足だけど、その言い方はどうか。

どちらを意図した反論ですか?
| 永田 | 2011/03/16 11:02 PM |
どさくさまぎれの増税反対。「増税分全額復興支援につかいます」ぐらいは言ってくれないと。
| 盛夫 | 2011/03/16 11:09 PM |
消費税引き上げ自体には賛同できなくもないが、被災地復興のために消費せよ!ってのは何か違わない?って感じ。
そんなお金があるのなら、募金しな!!って言いたいね!
援助物資だって、ただじゃないんだから、立派な消費だよね。
| がっかり2号 | 2011/03/16 11:10 PM |
消費税増税をすれば我々、国民は暴動を起こすであろう!自民党・民主党各党本部に爆弾抱えて自爆する可能性も覚悟して頂きたい!
| 最強軍団 | 2011/03/16 11:14 PM |
>そんなお金があるのなら、募金しな!!

募金のために消費を控えた分だけ,誰かの懐が痛み、その人の募金余力が減り、更には税収も減って国家の復興余力も減ります。募金は節約してまでするべきじゃないです。消費をし、募金もするのが正解です。
| 永田 | 2011/03/16 11:20 PM |
 西日本でもコンビニの冷蔵ケースの照明を消灯するキャンペーンが行われていますが無意味ですね。周波数変換を経ての電力の融通はせいぜい100万kWに過ぎません。西日本でライトダウンして浮いた光熱費を寄附するならまだしも、単なる節電には自粛気分を表明する以外に何の意味もないと感じます。。
| aquila | 2011/03/16 11:21 PM |
>消費をし、募金もするのが正解です。

同意!
| nori | 2011/03/16 11:25 PM |
意味のない事をやって、あたかも頑張ったかのように自己満足する。
自己満足では人は救えません、被災者のために出来る事は、効果を最大化出来ることに集中するべき。
効果の少ない、過度な節電を行う事よりも、余剰電力で経済をしっかり回して被災者のために創造した方が未来の幸せに繋がる。

支援は継続性が大事です、その継続性という意味で増税は物凄く有効でしょう。
お金は保持しているだけではただの紙切れ、世の中に流通してこそ流動性という価値が生まれる。
そしてその価値が復興へ使われる。
素晴らしい事です。
僕は増税を断固支持します。
| 若手社会人 | 2011/03/16 11:31 PM |
募金は被災者のため
消費は日本のため ってことですよね。

両方のことを考えないと片寄ったら沈んじゃうよ。

ガンガン働いて ガンガン使うぞ〜!!

期限付きの増税なら納得する人多いんじゃないでしょうか? 募金募金っていってるんだもん。
| LUCE | 2011/03/17 12:25 AM |
賛成です。

っていうかもう「支援税」っていう名称でいいんじゃない?(笑)
現消費税5%+支援税5%=10%

その方が確実に「支援に使われる」感が出て消費を刺激するような気がする
| agree | 2011/03/17 12:40 AM |
色々意見はあるだろうが
どんな立場の人間が
どういう言い方をするかで
同じ事を言っても印象が変わる。
考えてから発信しませんか?
ブログもツイッターも思ったことを
簡単に文字にし過ぎている感が・・・
| 通りすがり | 2011/03/17 12:59 AM |
賛同します!!

消費活動+消費税増税
→経済復興&被災地復興資金確保
→日本復興!!!(*゜∇゜)/
| あ | 2011/03/17 2:13 AM |
私は税金は巨大な募金機構であると考えれば実はとてもいいシステムと思います
ですから増税はありと思います。

ただ、その税金は公共事業に使われるということも実は考えなければなりません

ポイントは災害復興も公共事業であるということです
公共事業がうまく効率的に効果的な事業となっていればいいのですが

増税→公共事業の大量発注→ギインのピンはね?誰かが太る??→復興の優先順位がぐちゃぐちゃ

となることも十分にありえるということも考えてほしいのです
ということは、公共事業のあり方や執行の仕方から見なおす必要があるということです。
議員さんの面子を保つための新幹線の誘致とは違う、日本の物流や安心と安全を守るという観点から何を優先して復興するかをまず考えないとだめです。それを一元的にかつ予断を許さずプランして行く人たちが必要です。

地元利益誘導型の公共事業を行ったのは自民党です
リーダーシップのなさは民主党です
さあそれを誰ができるのか?

こういう議論をするときに必ず意識してほしいのは除雪も災害復興も道路を作るもの堤防を直すのもすべて公共事業であるということです。思いっきり悪者にされた公共事業であるということです。

こう考えると自衛隊の軍隊化と工兵の養成が必要なのかもしれません。
| 高橋徹哉 | 2011/03/17 3:08 AM |
ちなみに
節電はします
北海道ヤシマ作戦大賛成です
送電支援ができるのはたった60万kwと聞きます
かるーく発電できるでしょう。
あるぞーといって使い切るのは簡単です
ないぞーといって確保するのはものすごく難しいです。
だから北海道ヤシマ作戦はコンセントを一個抜けばいいと思います。
待機電力分だけ使わないようにすればいいんです。
それでいいじゃないですか。

その余力で植松さんの言っている直流家電化を研究したいと思っています。
せめてパソコンの電気くらいどうにかすることができれば、私にとっても電気代を圧縮できるのでぜひやってみたいと思っています。

実は今日札幌駅でエコエネルギーの展示会をやっていました。そこで寒冷地用太陽光発電パネルの展示をやっていました。
電気代の圧縮や売電というより、電力会社の融通の余裕を作ってあげるという観点でもフルで発電できる高価なものでなくてもっと小さいものであってもいいのではと思いました。
道内の災害のことを考えると「ヤシマ作戦」という考え方はとてもいいと思いますよ。
太平洋側の津波災害は間違いなく起こるでしょう
そのときに泊発電所が止まり道内で電力融通をするということを考えたとき泊発電所の能力を考えたら決して馬鹿にできないと思います。

そういうことを考えるためにも「ヤシマ作戦」やってみてもいいんじゃないかなあ
| 高橋徹哉 | 2011/03/17 3:26 AM |
すいません
長い文章なんで、永田先生のほうで切ってくださいね

ひとつだけ復興に直結して自分たちのお金を役に立てる方法があります。それは市町村に直接寄付するのです

消費税にすると一度国に集まります。
それを直轄事業であれば国が使います。
市町村はそれを補助金として受け取ります
市町村はその補助金がほしいのでものすごい手間をかけて調査をし、計画を立て、資料を作り、それを本省に持っていって説明をし、審査を受け、一度つき返されて修正をし、また持っていてようやく審査に通り、補助金を交付してもらいます。
これじゃいつお金が生きるかわかったもんじゃない。
だったら、お金を市町村に直接ぶちこんで、すぐ道を直せ!水道直せ!のほうが早いんですよ。

なにいいたいかわかりますか?
消費税ふやす。いいことです
けど国にお金を渡してもそれがすぐに効果が出ない。すぐに効果が出る仕組みを作らなきゃいけない
それは今の日本のあり方を根本から変えることなんです。道州制のような大きな地方分権。自衛隊の軍隊化と工兵の養成。企業の利益追求を絡ませない公共事業の完全直轄化
時代の先行と逆行を一緒くたにやるような改革が必要です。
この仕組みをかえるのがむずかしいなら、寄付中心で寄付する側が使うことを意識してお金を渡す必要がある。なんか馬鹿みたいな感じがします。
| 高橋徹哉 | 2011/03/17 3:58 AM |
賛成ですね。消費税がこれだけ叩かれているのは、何に使われるか分からないからですよね。そこで支援税、妙案だと思います。
お金の使途を一点集中させ、災害復興にかかる時間をはっきりさせて
沈んだ国民のモチベを上げさせるのはかなり重要です。

この記事を読む前に、昨日米軍が仙台空港に重機を持ち込んでごく短時間で滑走路を空けてしまったのを見て、仙台の人たちの意気はかなり上がったとの話を親戚から聞きました。お金はかかるけど人員・物量の集中投入の効果はすごいなと。
助からないかもしれない、が助かるかもしれない、に変わったのを見た思いです。
東電の後手後手対応とは対照的でした。

終わりが見えない戦いに光が見えれば、
復興も良い方向に進んでいくように思います。
| Shin | 2011/03/17 6:53 AM |
皆様、コメントと拡散有難うございます。もう少し感情的な書き込みで荒れるかなと思っていたのですが、理性的に対応頂いていて心強いです。

高橋さん:

>ひとつだけ復興に直結して自分たちのお金を役に立てる方法があります。それは市町村に直接寄付するのです

大賛成です。今はふるさと納税という手段も有ります。今年度は間に合わなくても、息の長い支援が必要ですので、次年度以降でも意義は大きいと思います。


通りすがりさん:

>ブログもツイッターも思ったことを
>簡単に文字にし過ぎている感が・・・

すみません。これでも考えて書いています。思った通りに書いたら、もっと酷いのです。僕と直接会話したことがある人はご存知だと思いますが(植松さんが一番よく知ってます)。気分を害されたのであればお詫び致します。
| 永田 | 2011/03/17 7:05 AM |
省エネという意味での節電には賛同しますが、被災地への送電のために節電しましょうという呼び掛け、九州でも大々的には行われていません。
節電しましょう系のチェーンメールがやたら来た日に、周波数変換して送れる容量を調べて無意味だと分かりました。
増税には賛成です。復興にかかる費用を国民全員で負担するという覚悟が問われことになるんでしょうね。増税には反対、国が何とかしろというのは無責任です。募金でできるのは被災者の方たちへの支援だけです。復興については別の枠組みで考える必要があると思います。
| ポタ | 2011/03/17 7:43 AM |
>大賛成です。今はふるさと納税という手段も有ります。
はっとしました。すでにそういう仕組みがありましたね
これをうまく使いましょう

それを前提に私は消費税値上げ反対に回ります
「金欲しかったらもっといい仕組み管替えな!(考えな!!)」と空に向って叫びます。

「ふるさと納税激増、国の収入源」なんて見出しを躍らせてみたいですな
| 高橋徹哉 | 2011/03/17 8:51 AM |
激しく同意します。
津軽のケーブルは60万kWまでしか送れませんし、ほくでんは十分な発電量がありますので北海道での今回の地震による影響を抑えるための節電は【全く無意味】です。
(エコという観点から見たら良いとは思います。復興後も同じように節電するのであればの話ですが)
何も出来ないと感じる人がおられるなら消費して経済を回すことが急務であると思います。
それなのに報道では節電をするべきという論調ですので憤りを感じます。
また、乱暴な意見かもしれませんが街頭での募金活動も無意味ではないかと思います。
今のご時世、寄付の意思があるならさまざまな手段で振込が可能です。
わざわざ街頭で募金活動をするならその時間を生産的な仕事に充て、それで得たお金をそのまま義援金として送ればよいのではないか…などと思ってしまいます。
| ねこ | 2011/03/17 9:21 PM |
植松努様
名取市のロケット教室でお世話になった家村です。
青年部の仲間は無事でした。
しかし、沿岸の地区に会社や自宅があった人は
家財が大津波に飲み込まれました。

植松さんのお話を聞いた公民館や増田西小学校、
それからサッポロビールの会場は避難所となっています。

みんなで力を合わせて復興していきます。
同じ空の下で応援してくださいね
| 家村秀也 | 2011/03/17 10:54 PM |
家村さん。無事でなによりです。
ものすごく心配でした。
陸前高田でも横手小学校でロケット教室をしていますが、どうなったのか心配しています。
でも、確認しても、なにもできないのなら、確認の電話一本分を、だれかがつかうべきとおもい、電話しませんでした。
避難の時期を過ぎた復興期こそ、役立てると思っています。そのときは、できる限り支えます。
がんばって。この被災にも、生存にも意味があります。
もうふたふんばりです。
| 植松 | 2011/03/18 10:05 AM |
僕は赤平の青年会議所で理事長をつとめました。
僕は青年会議所は、とてもよい学びの場だと思っています。
いま、赤平の青年会議所は、OBをまわって、募金を募っています。
ぼくは、さすが赤平青年会議所だ、と感心しました。
募金活動は、所得の低い組織が、所得の高い組織に対して行うべき物と思います。
だから、青年会議所の縁故を駆使して、自分たちよりもお金を持ってるOBからどんどんお金を集めたらいいです。

でも、青年会議所の中には、街頭で募金のために頭を下げている人達もいます。
あなたのマンパワーは、そのためにしか使えないの?と疑問を感じます。
仮にも、企業人、社会人として力ある存在なのだから、自分のビジネスでお金を稼いで、自分の力を復興に投じるべきではないでしょうか?
それとも、募金の方が、自分のビジネスの集金力よりも高いのでしょうか?
募金活動は、マンパワーを有効に換金できない子ども達がやると有効だと思います。
大の大人は、がんばって働けよ!
と思っちゃいました。
| 植松 | 2011/03/18 10:12 AM |
被災者からも取るなんてヒドいですね。
| 仙台市民 | 2011/03/18 11:01 AM |
植松さん、高木さん

こんにちわ。+1%と案大賛成です!広めてもいいですか?広めます!
| コアックマ | 2011/03/18 5:48 PM |
仙台市民さん:

この度の被災、心よりお見舞い申し上げます。被災地の復興のために末永く続く支援のシステムはどうあるべきかを考え、微力ながら貢献したいと考えています。

被災地の消費税も引き上げるのか、の件ですが、結論から言うと、被災地も含めて一律に引き上げて復興支援で還付すべきと考えています。大前健一氏も消費税引き上げによる復興資金確保を提言されていますが、彼は被災地からの消費税引き上げは免除、というご意見のようです。この点で僕と彼は意見が相違します。その理由を書くと長くなるので、エントリに改めて説明させて頂きます。でもその前に別件でエントリしたい内容が有りますので、明日までご容赦ください。

一日も早い復興と近親の方々のご無事を祈念いたします。
| 永田 | 2011/03/18 9:15 PM |
コアックマさん:

有難うございます。どんどん広めてください。ところで、高木さんって誰ですか?
| 永田 | 2011/03/18 9:16 PM |
被災地の消費税もあげるかの話、私も考えました。被災地で買い物するのが得するということで、圏外からの買い物が増えるのでいいかもとも思いました。でも、これでは当初の目的である支援金集めと反する。それよりは、消費税は同じでも、被災地限定、期間限定の固定資産税免除ってのはどうでしょうか。
| 中村景子 | 2011/03/18 10:31 PM |
先々週のサザエさんでこんなやりとりがありました。
花壇を作ろうとしたらビール瓶が足りないとわかった波平さんとマスオさんが早速酒盛りを始めると、それを見ていたフネさんが思わず漏らした一言。
「何だかんだ言っちゃあ呑むんだから・・・。」
復興のために消費しましょうってりくつも何だかこれに通じるものがあると思うのは私だけでしょうか?
| がっかり3号 | 2011/03/19 12:12 AM |
何だかんだ言いつつ、税金を納めて社会基盤を回しているのですね。
自分たちの気概も上がって、それで困る人も出ない。むしろそれが復興の役に立つのなら望むところです。
| 復興祈願人 | 2011/03/19 3:05 AM |
3号さん:

熱心なご訪問有難うございます。

>復興のために消費しましょうってりくつも何だかこれに通じるものがあると思うのは私だけでしょうか?

そんなことないです。僕もそう思います。飲みたいんだけど気が引けるという人々に、飲める大義名分を与える。これが僕の記事の目的の一つです。何だかんだ言っちゃあ呑むメンタリティが消費経済の底力を支えていたりしますので、馬鹿に出来ないですよ。
| 永田 | 2011/03/19 5:21 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/119