CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< 一機目の打ち上げはパーフェクト(植松) | main | 大きい=良い。小さい=だめ。からの脱出(植松) >>
僕の秘密道具(植松)

ぼくの大切な道具入れです。

中身は・・・

ヘンケルスのクラッシックというはさみが、大小。
先端がとても奇麗で、ぱちっと先端で切っても、紙がT字型にやぶれません。
刃のあわせもねじで調整できるので、長く使っても切れ味が落ちません。


サークルカッターが大小。
小さい方は、直径10ミリくらいの円を切り出せます。
大きい方は、カッター刃が円盤なので、厚手のボール紙でも
すんなり切り出せるすぐれものです。


接着剤が3本。
紙用が、濃いのと薄いの。それと紙飛行機用のセメダインC。
紙用の接着剤は、水分の量で使い分けています。
しみ込ませてゆっくりくっつけたいときは、従来型木工用ボンド(水分が60%くらい)
はやくくっつけたいときは、新型の木工用ボンド(水分が45%くらい)
を、使い分けています。
セメダインCは、有機溶剤のにおいが臭いけど、とても軽くしあがるので、
紙飛行機には不可欠です。
でも、基本的には全部酢酸ビニル樹脂が接着成分で、それを水で薄めるか、有機溶剤で薄めるか、だけの違いです。
昔は、SONYボンドのクリアーもよく使いましたが、最近はつかってません。


上から、粘土用の金属製の丸棒。手芸店で買いました。
両端の丸みが違うので使い分けられます。
接着したところを、しっかりおさえるのにもつかいます。

真ん中は、千枚通しというか、なんというか、とんがってます。
先端がきんきんに尖っているので、固いものにしっかり折り目を付けるためにつかいます。

下は昔ながらの鉄筆です。両端の針の太さが違うので、紙の折り目の深さや幅を調整できます。


これは、優れもののカッターです。
刃の厚さが通常のカッターの半分です。
カミソリの切れ味です。
なかなか売っていないので、見つけたら即買いです。


瞬間接着剤が二種類。
特に、灰色の耐衝撃接着剤は、とてもよいです。


カッターマットと、シャープペンシルが0.3mm、0.5mm、0.9mmの三種類。
ペンシル型のコンパス。消しゴムです。



厚さ3ミリのゴム板は、紙に丸みをつけるときの台になります。
割り箸は、筒などののりしろを中からおさえるのに使えます。
爪楊枝は、細かなところに接着剤をつけるために使います。


サンドペーパーと、アルミテープ。
あんまり使うことは無いですが、あると心強いです。

これがびっしりと、かばんに詰まっています。
これさえあれば、たいていのペーパークラフとは上手につくれます。

よい道具を使うと、よい仕事ができます。
また、仕事の速度があがります。
早くできるようになると、時間が余ります。
時間があると、こだわれます。
こだわると、良くなります。

だから、なにはともあれ、やっぱり良い道具をしっかりそろえるのも大事ですね。
| - | 15:34 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
お久しぶりです!

よく切れる刃物を使うと、作業のテンポが上がって
すごく楽しいですよね。
僕も疲れて家に帰ってプラモをつくるとき、
高性能な道具や接着剤は、がんばって捻出した1時間
に報いてくれることが多いです。
あと、プラモ業界には水性塗料を頑張って欲しいところです。
全国のお母さんがたを安心させるのをねらいに、
シンナー臭ゼロで、ラッカー並によく伸びる塗料。1本200円くらいで出ないかなあ。

話が脱線しました。

最近の中学生のお小遣いだと、ペーパークラフトや
プラモをするにも、昔より身の回りに刃物が減ったので、いろんな刃物をためす機会が無いみたいです。すると、「カッターなんて、みんな同じじゃないの?」と一番安い百均に行ってしまう。
初期費用が安くていいんですが、すぐに
能力の限界にいきあたってしまう。
ボンナイフでプラモは難しい。
かといって、すべて高価な道具も無理ですし、
やはりここは知っている大人の助言が一番効く
ところかと思います。今回のような記事はありがたい
限りです。

ペーパークラフトの道具とプラモの道具を組み合わせると、モデルロケットも作れますね。
模型作りはものづくりの基礎を学べる優れた教材
だと思います。ものづくり大国を自称するなら
学校の部活で模型部がもっとあってもいいくらいだと思うのですが。
 模型の県体とか、全国大会があって、そこで賞状が出て、
全校朝会で運動部に並んで表彰されるときが学校で、家庭内で
市民権を得る時かな、とも考えています。

長くてまとまりのない文章になってしまいました。すみません。でもこうなるといいな。



| Shin | 2011/08/06 10:09 AM |
道具の説明を読むだけでわくわくしますね。
良い道具を使う事の大事さが分かります。
| うさ | 2011/08/08 5:14 PM |
私は貧乏でしたので、カッターをサンドペーパーで研いで使っていました
単純に先だけ使うんだったら、折ればいいのですが
刃渡り全部使うときは、ちょっと研ぎましたね・・・。
| 高橋徹哉 | 2011/08/09 11:54 PM |
植松さんお誕生日おめでとう御座います

植松さんの、活動が自分にとってすごい励みになっています

又お会いできる日を楽しみにしています

 熱くてよかろうもん   永田
| 遊人 | 2011/08/16 7:44 AM |
ここ一年半くらいですが、ペーパークラフトにハマっています♪
なぜならいいトレーニングになるらしいからです。
実は今までデザインナイフと百均の定規と速乾の木工ボンドだけというまるで石器時代のようなものを使っていたのですが、植松さんのブログを見て道具を揃えてみました。
いやこれはビックリです!
今までよりもはるかに作業効率がよくなりました。紙に折り目をつけて切り出すだけでも相当な時間がかかっていたのですが、今はたぶんその半分近くの時間で切り出しまでできます。
そして切り出しと折り目の綺麗さも今までと段違いにいいので組み立ての時間まで短くなりました。
とにかくより多くのペーパークラフトを作って経験積んだ方が絶対いいですよね\(^o^)/
実は僕バイクに乗ることが趣味なんですが機械オンチの僕がなぜかエンジンカバー外してクラッチ外してキックスターターを取り付けることができるようになりました(15年前のバイクでガスケットが焼き付いていて剥がす際には泣かされました)。

みなさん自分でなんでもできるようになりますからぜひペーパークラフトやってみて下さい。
自分でできるとお金がかからなくなってとってもいいです。
道具は植松さんが教えてくれていますから(^^)
| つきじたろう | 2011/08/16 10:22 PM |
それとなのですが、
ペーパークラフトがある程度できるようになるとホームセンターに行くのが楽しくなります。僕がある程度できるかどうかは別として(汗)。
なぜホームセンターに行くのが楽しくなるかというとある程度(汗)するともっといい道具がないかなって探しに行きます。すると色々見つかるんですが、その時他にも困ったことがあるとそれもどうしたらいいかなって買い物中に考えてしまうんです。何か対策になるものないかなって。

すると自然にその困ったことを解決する力がついてくるみたいです。いわゆる問題解決力っていうんですかね。
この問題解決力がまた便利なもので仕事、プライベートで応用できちゃう。
するとわざわざお金で解決する必要がなくなってきます。
ペーパークラフトはノーリスクハイリターンなんです!
余ったお金は少しずつ貯金してあとは世のため人のため、そして自分の知識と知恵のために使ってしまいましょう!絶対人生楽しくなりますよ!!
本当に最高のものに出会ってしまいました\(^o^)/

| つきじたろう | 2011/08/16 11:04 PM |
つきじたろうさん
とっっても嬉しいです。
悩んで、対策を考えて、お金がないから工夫して、
失敗して、しばらく放置して、でも、もいちど
やってみたら、意外と見落としていたことに気がついて・・・
人生も、工作も、修理も、みんなおんなじ気がします。
それを、とっても効率的に体験できるのが、
工作という趣味かもしれません。
学校の夏休みの自由研究で工作が嫌いになる子が多いとも聞きました。
学校のスポーツの授業でスポーツが嫌いになる子もいます。(もちろん逆もありますが)
きっと、嫌いになる原因は、自由にできないのに評価されてしまうことかもしれません。
自由にできて、評価は自分。
それが、趣味だと思います。
きっと、自信の元になります。
それを、自分の言葉で発信してくださったつきじたろうさんに感謝です。
一緒に頑張りましょう!
| 植松 | 2011/08/18 9:19 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/140