CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< 権威主義者は権威に弱い(植松) | main | 長野の岡谷(植松) >>
エピジェネティクス(植松)
 昨日見たテレビに感動しました。
オオカミがどうやって犬になったのか?という番組でした。

オオカミの遺伝子と、犬の遺伝子は、ほとんど変わらないそうです。
でも、性質にはものすごい差があります。
そのような変化を、エピジェネティクスという考え方で説明していました。

プロメテウス、という人がいました。
先に考える人。だそうです。
エピメテウスは、後から考える人。だそうです。
ギリシャ神話の人達です。

エピは、後天的な、というような意味をもちます。
すなわち、エピジェネティクスは、後天的な遺伝的変化というようなニュアンス
なのかな、と思います。(知ったばかりだから、間違いがあるかもしれません。)

遺伝子そのものの変化による変化ではなく、
後天的な理由により、遺伝子の発動がおさえられたり、活性化されたりすることによる変化です。

人間とチンパンジーの遺伝子の差がきわめて少ないことも例としてあげられていました。
でも、両者の脳の発達には大きな違いがあるそうです。
チンパンジーの方が、先に大人になるそうです。
そのため、脳の発達に影響があるのだそうです。
人間は、チンパンジーよりも子どもの時代が長いそうです。
そのため、脳がより学べるようになるのだそうです。

オオカミに対して、犬の特徴は、あきらかに子どもだそうです。
頭蓋骨や、しっぽ、様々な部分が、子犬の要素をもつそうです。
そのため、脳の発達も、より柔軟で許容力があるようです。

ということは、子どもをはやく大人にしてしまうと、
脳みその発達に問題が生じるのかも?

子どもっぽい、って、もしかしたら、脳の発達にも
とってもプラスなのかもしれません。
だから、大人っぽくすることを、急がない方がいいのかも。
ということは、「大人しくしなさい」は、あんまり言わない方がいいかもね。

なんて、思いながらテレビを見ていました。

昨日は、三重県で、学校の先生向けのロケット教室でした。
最近、三重県の教育委員会や学校の先生達がチャンスを沢山つくってくれています。
講演のあと、ロケットの打ち上げだったのですが、
講演中は、あきれるような土砂降り。
いままで、僕は雨でロケット教室を中断したことはないけれど、
大人が相手じゃだめなのかなあ。と心配していましたが、
講演の途中で、さっと窓のところに行った人がいました。
カーテンをちょっとあけて、何かしています。
雨の様子を見てるのかな?と思っていましたが、
ティッシュでてるてるぼうずをつくって、窓にはってくれていたんです。

そのかいあって、打ち上げ時には、ものすごい快晴。
直射日光の強さは、はげそうになるほど。
素晴らしい青空と、遠くには、ラピュタが居そうな真っ白の積乱雲。
おまけに、ほとんど無風。
その青空に、先生達のつくったロケットが、まっすぐ飛んでいきます。
青空に、純白のパラシュートがきれいです。
打ち上げ直前の、先生達の緊張感がうれしいです。

神様に感謝。
てるてるぼうずに感謝。
今回であった先生が、次に子ども達にであえるチャンスをつくってくれるかも。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、歩く速度で前に進んでいっています。
うれしいです。
| - | 09:53 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
8月26日(金曜日)に三重県いなべ市の教育研究会で植松さんのお話を聞かせていただきました。
植松さんのお話に感動し、元気をいただき、教育の原点をもう一度考えさせられました。いつの日か家族で北海道まで
会社を見に行かせていただきたいと思います。ロケットが飛ぶ青空を見ながら、まさに「思うは招く」だと思いました。
本当にありがとうございました。
| 島田 美樹 | 2011/08/27 11:04 AM |
はじめまして。植松さんのご著書に励まされ、絶対に『無理とは言わない。』と決めて、小学校の枠からは、はみ出しているけれど、とってもステキな個性を持っている子ども達の母をさせてもらっている かたよねこ@愛知県です。
先日の愛知県武豊町でのご講演会は、どうしてもどうしても外せない用事と重なり、お伺いできませんでした。でも、それから会う人あうひと、みなさんが、『感動した!今まで聴いた講演会の中で一番よかった!!目からウロコだった!!!』と、絶賛されるので、臍をかむ思い。。。私の『思い』が弱かったのかな??と、落ち込んだりもして。
そうしたら!明日から三日間、旭川に行けることに!!途中で植松さんの工場におじゃまできないかと、子ども達に懇願されて、厚かましくお電話させていただきましたが、ロケット実験の予定とは、日程が合わないらしく、またまた撃沈。。。でも、電話に出てくださった方の対応が、本当に丁寧で暖かくて、嬉しかったです。
また近いいつかに、きっとお目にかかれますように。。。
私も、まだまだがんばります!!
| かたよねこ | 2011/08/27 6:36 PM |
あら。明日は僕は安城ですよ。
ロケット教室と講演です。
すれ違いましたね。
でもそれは、きっと、次のチャンスのための準備期間なのです。
だから、会える日を夢見て、がんばりましょう。
ってことを書くと、「なんだよ、日曜日にも講演うけてるじゃん!」なんて怒る人が居るかもしれませんね。
基本的には受けませんが、僕が行きたいときは行きます。安城には恩があるから行くのです。
| 植松 | 2011/08/27 7:33 PM |
植松さま
お返事をいただいて、ありがとうございます!!
28日には、レンタカーを借りて、一番最初に植松電機さんへ。夫が急な仕事で同行できなくなり、心細い上に、高速道路は、千歳から北広島まで通行止めで、渋滞にあったり。。。
でも、そのおかげで、灯りのともった「コスモトーレ」を見ることができました。急速に広がる夕焼け空の美しさと、このタワーの暖かさが、心にしみました。
植松さんは、『赤平に帰ってくる人達をあたたかく迎えてくれるシンボル的なものになっていけば、、、』と、書かれていましたが、すでにそうなっているのでは??と、思います。
私たちも、植松さんのお働きとは比べものにはなりませんが、子ども達の尊厳を守りつつ、自信と勇気を持って、『地域に根ざして、地域で生きる』ための取り組みに、シフトしていこうという思いを強くしています。(抽象的でスミマセン。。。)
おかげさまで、学びの多い今年の夏休みでした。
明日から、新学期。心新たにがんばります!!
| かたよねこ | 2011/08/31 8:13 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/144