CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< なぜそうしたいのか?(植松) | main | よく飛ぶ紙飛行機(植松) >>
戦争の原因(植松)
 戦争は恐ろしいです。
国家間の問題解決の手段、なんて言われていますが、
とにかく、問題解決のために相手の命(可能性)を奪うのは、
人類規模で損失です。

戦争の原因は、きっと単純です。

「排他」じゃないかと思います。

自分の意見を守るために、他人を見下し、他人をバカにし、認めない。

これは、とての弱い人間のすることです。

弱くて、不安でしょうがないから、
努力すべき時間を使って、自分とは違う意見の人を見下す。
気をつけなければいけないのは、こういう人にかかわったとき、
うっかりすると、ダークサイドに落ちてしまう、ということです。

基本的には、「やらない言い訳」をする人達は、抵抗勢力になりません。
なぜなら、「やらない」からです。
ほっとけばいいんです。
なんぼバカにされたって、見下されたって、否定されたって、
ほっときゃいいんです。

すべきことをすればいいんです。
そのすべきこととは、「恨み言」ではないです。

相手の人格をバカする。
相手の家族をバカにする。(親の顔が見てみたい。かえられない過去の否定は卑怯だ)
自慢する。
自分の経歴(生きた年数)をひけらかす。(だって、後輩は年齢を追い越せません。)
自分の過去を自慢する(過去しか自慢できないってことは、現在さぼってるってことです。)
大声を出す。
普通の人は使いたがらない悪い表現を使う。(シネ、殺す・・・)
自分はどんだけひどい眼にあったかをしつこく説明する。
自分がどんだけ大変か、どんだけ頑張ってるかをしつこく説明する。
自分に害をなした人をとにかく恨む。愚痴を言う。(たいした害でもないのに)
自分を認めなかった人間を、とにかく恨む。愚痴を言う。
力がある、有名な人間と仲良しであることをひけらかす。(自分のすごさの説明)
そのた、もろもろもろ・・・。

排他をする人間に負けて、自分も同じことをしたら、
相手の勝ちです。完璧な負けです。

恨んでる暇があったら、すべきことをすればいいのです。
だまって、やればいいのです。

同情してほしいなら、素直に、そういえばいいです。

優しくしてほしいなら、素直に、そういえばいいです。

ちやほやしてほしいなら、素直に、そういえばいいです。

ツンデレじゃないんだから、あまのじゃくなこと言わなくていいです。
素直に言った方が、うんと楽になります。

心が弱ってるとき、僕も良くない行動をとりがちです。
人を恨むこともあります。
なにもかも投げ出したくなることもあります。
俺がこんなに頑張ってるのに!って思うこともあります。
でも、そういうときは、「ああ、自分は疲れてるんだ」ということを自覚し、
素直に寝た方がいいです。

僕は幸せです。
なぜなら、しんどいながらも、子ども達が僕を救ってくれるからです。
今日も、湧別で中学生と高校生に話を聞いていただきました。
すごくよく聞いてくれました。
笑ってくれました。身を乗り出してくれました。
それこそが、僕の心を清浄にもどす最高のカンフルです。

明日は、岩見沢の高校で講演をしてから、
栃木に移動です。その後は山梨だったかな。
ぎゅーぎゅーの移動ですが、頑張ってきます。

| - | 16:31 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ただ一言
ありがとうございます
| とかち航空研究会 高橋徹哉 | 2011/09/28 6:18 PM |


今日の講演ありがとうございました。

本当に楽しかったです!
本当に自分の将来が楽しみになりました!!

夢って別に1つでなくていいんですよね。
これからたくさん夢をつくります。

将来、植松さんと何か関われることも自分の夢になりました!!そのためにも、頑張ります。


植松さんの講演は、「日本一将来が待ちどうしくなる講演会」です!!


今日はありがとうございました。

| 湧 | 2011/09/28 6:52 PM |
戦争っておかしなものですよね。

人類にあれだけの傷をもたらしておきながら、人類を最も急激に発展させる。
化学、工業、通信、医療・・・
挙げればきりがないかもしれません。

しかしハイリターンにしてもハイリスクすぎる。

僕は戦争に代わるのは宇宙開発だと思います。(ここだから言ってるわけではありませんよ)

戦争で得られるものって、割と宇宙開発でのそれに近い気がします。
実感が沸きにくい分、一般人はまだまだ懐疑的ですけどね。

だから理想論ではありませんが、宇宙開発って平和にも繋がると思います。
軍事目的は法律でビシッと抑えていただいて。
(原子力エンジンは惜しいなぁ…)

植松さん達宇宙業界の方々は、平和を目指して活動してるとも言えますよね。
| のり | 2011/10/01 6:48 PM |
宇宙開発は、常にモアが求められます。
なぜなら、宇宙は広がり続けてるからです。
より、軽く、はやく、高く、etc
そこでは、コストよりも、機能が優先されます。
だから、技術が発達するのかな、と思います。

たいていの技術は、「余計なこと」から生まれます。
「そこまですることあんの?」こそが、
進歩のための大切なものです。
それをやるためには、「無駄なお金」を使うことになります。
たいていの場合、キャッシュで対価を求めたら、しかも、単年度決算だと、まず対価は得られません。
ですから、その場合は、そこにお金はつきません。
でも、得られる対価を、知恵と経験と信頼と愛情で考えることができたら、それがプラスになるように投資をすればいいだけです。

僕らの宇宙開発は、僕らが同時に宇宙開発以外のことをしているから成立しています。
宇宙開発でえられた能力を、自社内で違う価値に変換できるからです。
僕はこれを、独りスピンオフ。と読んでいます。

もちろん、実は、宇宙開発に関われたのは、もともと、マグネットの仕事そのものが、研究開発だったからとも言えます。
売っていない物を作るのだから、自分たちで考え、自分たちで作り、自分たちで試し、自分たちで改良し、お客さんに使ってもらってさらにダメだしして・・・をやってきたからこそだとおもいます。

もしかしたら、どんな商売でも、
「そこまですることあんの?」を突破することこそが、発展につながるのだと思います。
みんながそれをやったら、世界は良くなるはず。
だから、日常の中でも、よりよくを求めていきたいですね。
| 植松 | 2011/10/03 7:55 AM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/153