CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< 素敵な高校生たち(植松) | main | 気をつけなくちゃ(植松) >>
世界初は世界一(植松)
昨日であった学生さん達への返信が長くなりすぎましたので、
こちらに書きます。

僕は、人間にとってかなり重要な資質は、
やりたがり、しりたがり、ではないかな、と思っています。
そしてさらに重要なのは、
なぜやりたいのか?をしっかり考えることです。
手段と目的を間違えないことが重要です。
「わかんね」で終わらせないで、
見えなくてもいいから、見つめてほしいです。
いつか、ぱっと見えるようになることがあります。

大学は、知りたいことがあれば、素晴らしい経験を積める環境です。多くの世界とつながる人材と関わることもできます。
でも、まわりの人を見回して、ま、こんなもんでいいかな、と手を抜くと、限りなく手を抜けます。
その場合は、経験は積めません。学費も時間も無駄になる可能性が高いです。
また、いきなり出会う専門用語に負けてしまうこともありますから、ぜひ、高校の間から、自分の進学先で学ぶはずの専門的な勉強に、少しでいいから触れていてください。

有名になる。賞をもらう。これは、長い行列の後に並ぶと、とても大変なことです。
でも、誰も並んでいない分野を切り開くと、わりとトップに立てます。
いまでは音楽に当たり前のシンセサイザーも、最初は邪道だと否定されていました。
「最初」は認めてもらえません。否定されます。でも、「すべき」と思ったら極めて見ると、世界初で世界一、になる可能性が高まります。

もちろん、それではなかなか食えないかもしれません。だから、食い扶持を見つけ、でもそれに埋没しないで、時間を作り出して、すべきことをするのです。
大事なことは、時間を大切にするということです。
自分が費やす時間は、自分の知恵と経験になってるかな。信頼と愛情になってるかな。
それを、ほんの少し考えるだけで、人生は濃密になります。
お金の使い方も同じですね。

僕らが持ってる資本は、自分の体と、心と、時間と、そして少しのお金です。
それを有効に使う方法を考えましょう。

すべてをゼロから自分でやろうとすると、なかなか進化できません。
だから、昔の人の足跡を活用しましょう。
昔の人が苦労してたどった道を、走って抜けるのです。
だから、伝記を読んでほしいです。

これからは、就職はかなり厳しくなるでしょう。
なぜなら、単純な作業は海外やロボットのものになり、
また、指示されたことだけをする人材も、外国の熱心な人や、ロボットに負けるからです。
だから、複雑で、指示されないこと、をできるようにしておくべきです。
(これからも、ロボットを導入するほどの規模ではなくて、日本語が重要で、安く仕事をしたい職業では、日本人は必要とされますが、新人を使った方が安いですから、長くは勤められない可能性が高いです。)
それが、「考える」です。研究や開発です。
だから、いまから自分なりの「自由研究」が大事です。
読む。かく。作る。調べる。とても大事です。

きっと、校長室に来るとき、緊張したはずです。
「いいのかな?」って迷ったはずです。
遠慮や、躊躇もあったと思います。
でも、そこを踏み越えてくれました。
「なぜ、踏み越えたのか?」も考えてみたらいいです。
それは、これからもみんなを前に押し出すパワーになるかもしれません。

いま、企業はとても困っています。
人材を雇用するということが、とても大変になっています。
だから、口コミの信頼も重要になっています。
それを、コネとか言って、うらやんではいけません。
すでに社会に出ている人から、「この子は大丈夫」と太鼓判を押されるって、
とても大事なことです。
そのためには、多くの大人と関わるのが大事です。
昨日、ボランティアで清掃にも行っていましたね。
今日は、仙台までボランティアに行く人もいるみたいですね。
そういうときに、そこにいる大人と、人間としての信頼と愛情を高めるのです。
それは、やがて自分を支える大きな力になります。
だから、市の広報などもしっかり見た方がいいです。
そこに書かれているボランティアや、教室などに、なるべく参加してみたらいいです。
もちろん、自分が講師をすることもできるようになりますよ。
それはもう、素晴らしい知恵と経験を与えてくれるはずです。

みんなは、社会人になるのです。
社会とは、そんなに都合の良いものではありません。
でも、社会とは、力をあわせる人の集まりです。
助け合いの集大成です。
助けるためには、その人のできないことができた方がいい。
だから、個性や、個人の経験が、とても重要なのです。

みんなの心のざわめきを大切にしてください。
ざわめきを、なぜだろう?だったらこうしてみたら?と考えるのです。
不満を愚痴として放出するのではありません。
「言うだけ」では、前になかなか進みません。
だから、考える、のです。

他人の意見を鵜呑みにしてはいけません。
(もちろん、僕の意見もですよ。)
相反する意見とくらべ、そしてやっぱり考えるんです。

人生は思ったよりは長いです。
人生は一発では決まらないです。
でも、決まらなかった経験も、人の人生の彩りです。
僕も、「昔、こうしていたら」なんて思うこともありますが、
もしそうしていたら人生が変わってしまいます。
今の人生も、結構好きだから、ま、いいかな。って思ってます。
どうせ、考えたって、変わらないけどね。
かえられるのは、未来だけです。

僕は、リサイクル用のマグネットを作ろうと思ったとき、
それを実現できる企業が無かったので、
就職することはできませんでした。
だから、借金をして、自分で会社を作ることになりました。

この世に存在しない仕事をしようと思ったら、
自分でやってみる。その結果会社ができる。という道しかなくなるかも。

だから、就職情報誌の中から夢を探すべきではないのだと思います。
世の中の、悲しいことや苦しいことや不便なことをなんとかしよう、
という気持ちから、すべき仕事が見えてくるのかもしれません。

未来は明るいです。
一緒にがんばりましょう。
| - | 05:57 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
植松様
はじめまして。突然のメールですみません。
私は、堀 仁実と申します。先日香川県でありました「どうせ無理」と言う言葉をこの世からなくしたいに参加させていただきました。この間の研修で感銘を受けメールをしました。

私は現在32歳で看護師をしています。お話をしていただいたこと看護師の仕事もたくさん重なるところがあります。
大切な患者さまの命を預かる仕事なので、本当に勉強の毎日です。後輩にも伝えていますが、なかなか伝わらない部分もあります。でも、それは自分の姿勢で伝えていかなくてはと思いました。
また機会があればぜひお話を伺いたいです。
お忙しい毎日だとは思います。そして季節は移り変わり体調を崩しやすい時期になってきます。
どうぞご自愛くださいませ。
ほんとうにありがとうございました。
| 堀 仁実 | 2011/10/31 9:26 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/156