CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< 泣かないで(植松) | main | 失敗はデーターだ(植松) >>
逃げる!は、あり!(植松)
人は自分を守りたい。
不愉快な思いをしたくない。
恥ずかしい思いをしたくない。
自分を信じたい。

でも、守るために大事なのは、
攻撃じゃない。

攻撃は最大の防御、なんていう言い方もあるけど、
最も重要なのは、戦わないこと。

戦うと、どちらも傷つく。消耗する。


相手と同じ土俵に乗ってはいけない。
相手とガチで四つに構えるのは最悪の対処法。
相手の弱点を考えて、
自分の弱点を考えて、
自分の強みを活かせる戦略を練り上げる。
それはたいてい、正面勝負じゃない。

横に回り込み、相手の隙をつく。
後ろに回り込み、相手の隙をつく。

そのとき、いったんは、相手の目の前からいなくならなくちゃいけない。
それは、「逃げる」ではない。
だけど、残念ながら、日本語にこの表現が無い。
戦術的撤退!なんて言い方もあるけど、単語が長いし、おまけに、
撤退、という言葉がついているだけで、言い訳っぽい。

敵の正面から徐々に側面に回り込むような行動を、
軍事用語では「ピール」と言う。
映画なんかでも、よく使われている。
ティアーズオブザサンという映画がある。
ブルースウィリス主演のいい映画。
その中で、「ピール!」と叫んで、ぱらり、ぱらりと、
正面の担当が列を離れ回り込んでいく。
持ち場を離れるとき、隣の仲間の肩を、ぽんっと叩いて合図する。
きびきびした動き。
でも、日本語吹き替えでは「撤退!」だった。

赤平の工業団地は、長いことISDNしか来ていなかった。
kbpsで仕事をしなければいけない。
メールに添付ファイルなんてもってのほか。

なんども考えたし、相談した。
月額64万円なんていう、ふざけてんの?というプランも提示された。
そして、この地域は、将来光ファイバーが来るので、ADSLは来ない、と言われた。
はやくきてよ!と思った。

スマップがでているコマーシャルで、
「来たぞ!光が!」というのがあったけど、
来ないよ、光。だった。

でも、もがいていると見えて来る。

こういう工事には、行政の関わりが不可欠らしい。
そしてそれは、支庁レベルらしい。

赤平は、空知支庁の管轄。
幸い、空知支庁長さんは、空知を活性化するために、
ものづくり企業の力を集めようとしていた。
それに関わると、なにかいいことあるかも、と思った。
会の運営のためには、時間を割かなければいけなかった。
でも、会のメンバーもとても良い人達で、勉強になった。
これは、無駄な時間じゃない。と感じられた。
そうか。時間を無駄にするもしないも、自分次第なんだ。
必ず何かを掴めばいいだけなんだ。

同じ頃、赤平市役所の方々も動いていた。
やがて、多くの人達のおかげで、赤平市内に光ファイバーがきた。
その途中で分岐してもらって、工業団地にも、ついに「来たぞ!光が!」になった。

ものすごく、遠回りしたような気がするけど、
実はそれは最短コースだった気がする。


退く勇気。
許す勇気。
勇気にはいろんなのがある。
でもぼくは、上記の二つがとても大事だと思ってる。

ならぬ堪忍、するが堪忍。

いらっときたり、むかついたり、に負けてはいけない。
自分を責めてもいけない。

心で叫ぼう
「ピール!」
そして、側面から攻めていこう。
それがきっと、最短コース。

| - | 19:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
なるほど。航空雑誌に載る「ピールオフ」とはそういう意味でしたか。ブレイクとはちょっと意味が違うんですね。

いつも行かないところに行くといいんですが、
人間弱ってくると知っているところばっかりに行きたくなります。

こういとき、日記をつけとくといいみたいですね。
「あー、先週と同じだあ。休みは寝てばっかりじゃん。もっと外に行こうよ。」とか。
僕はTwitterが良かったです。書き散らかしが保存できるので。
あと、その筋の方しか知らないイベントやシンポジウムの日時もわかって便利ですね。

いつも日記は三日坊主だったのが奇跡的に
1年近く続いています。
こういうとき、ハイテクはありがたい限りです。




| Shin | 2011/11/06 1:54 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/162