CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

CSWブログ

北海道に生まれた民間宇宙開発企業カムイスペースワークス。 略して「CSW」 ブログはこちらに引越しました。
<< 死なないで。死なせないで。(植松) | main | 200m、いいね。(植松) >>
「命が一番大事」という神話(永田)
 久しぶりのエントリです。エントリの仕方を思い出すのに時間が掛かりました。政権批判と、その政権を選んだ無責任で傲岸でメディア脳な有権者批判に終始して dark side of the force に落ちそうな予感満々なので、エントリを控えてます。今日は別の話題が書けそうなので、久し振りに書いています。

今日は午後から植松電機で定例会議でした。帰路のラジオで、命の大切さがどうしても子供たちに伝わらない、という話題をやってました。「君たちの命は、世界中の何よりも貴重で大事なものなんだ」というような話が朝礼で繰り返されます。いい加減にして欲しいです。命より大事なものに出会ったことが無いのでしょうか。

「君たちの命は、世界中の何よりも貴重で大事なものなんだ」という言葉を聞くと、僕は気持ちが萎えます。「政治の最大の責務は最小不幸の実現だ」と総理に言われた時に感じる残念な気持ちと共通するものがあります。ワクワクが削がれるのです。もしこの世に命より大事なものが無いのであれば、僕はそんな世界で生きるのは願い下げです。歯を食い縛る価値が無いです。僕は命が大事だから歯を食い縛って生きているのではありません。あんたはそうかもしれないけど、僕は違います。馬鹿にするなと言いたいです。

ここを読んでいる学齢期の皆さんに断言します。「この世で一番大事なのは命」というのは、嘘です。だから安心してください。この世には、命を懸けてでも守りたいものや、命を懸けてでもやりたいことが、沢山有ります。そういうものに出会えるから、あるいは出会ったから、僕たちは歯を食い縛って生きているのです。

命が大事だから生きているのではないのです。
命が大事だから生きているのではないのです。

大事なことなので2回言いました。


| 社会一般 | 18:53 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
我が意を得たりの思いです。かけがえのない命という言葉をかえって軽々しく使いすぎる時代のように思います。
| まるは | 2010/11/26 8:49 AM |
お疲れさまです。
確かに色々噴飯物の事象が多いですね。只でさえ血圧が高いとか言われてるのにオレを殺す気か、と(^^;

植松さんが前のエントリでも書かれていますがそりゃあ命は大事です。粗末にしちゃあいけません。
死んで花実が咲くものか、とも申します。
でも「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」とも申します。
単に命が一番大事、に拘泥しては「浮かぶ瀬」を掴めないのかも知れません。

喩えがなんですが攻撃機が対空砲火を受けて一番安全なのは弾道に正対することだそうで、
当たり前ですが度胸のいることですよね。
変な喩えついでに、撃墜王の坂井三郎氏曰く、
「死を覚悟することと命を粗末にすることは全く違う」と。

真に生きる、とは単に「命が一番大事」とする事とは違うだろうと、
不惑の歳5年目にして迷いながら愚考している次第であります。
| (ぐ) | 2010/11/26 10:50 AM |
命は大切です

それは「あなた」の命が大切なのであって「わたし」の命が大切なのではないです。

私の命を懸けてあなたの命を守るのは大切なことだと思います。
だから技術者は安全なものを命と誇りを懸けて作るわけじゃないですか。
だからそれを「使命」というのだと思います。

ただ、昨今寂しい世の中でね
「わたし」の命を大切に出来ない人間は人に迷惑をかけるんですよね。
だから私の命も大切なんです。
自己責任ってやつでしょうか
仕事を持ったらなおさら、死ぬのは単純に周りの迷惑です。
死因が仮にその仕事の過労であっても・・・。
だから大変です。

永田先生は「自分の幸せのために働くやつは馬鹿じゃないかと思う。それ以上のもののためになぜ仕事をしようとしないのか」という旨おっしゃっていたと思います。
同じことですよね

たとえ「公共事業でんな太りやがって」とけなされても今の仕事が続けられるのは技術屋としての使命を感じているからです
グライダー界から干されてもいまだにグライダーになんとしても関わろうとしているのはグライダー屋としての使命を考えているからです。

それが技術屋であり、人間としての姿勢と思っています

なかなか実現は難しいですがね
| 高橋徹哉 | 2010/11/26 12:11 PM |
まるは さん:

>我が意を得たりの思いです。

有難うございます.

>かけがえのない命という言葉をかえって軽々しく

仰る通りです.軽々しいです.「僕にとって」と前に付ければいいんですよ.付ける覚悟が無いなら言うな,です.


ぐ氏:

>死を覚悟することと命を粗末にすることは全く違う

まったく仰る通りで.その一方で,粗末に死ぬのと粗末に生きるのとは,同じかな,とも思います.
| 永田 | 2010/11/26 12:19 PM |
高橋さん、投稿がほぼ同時だったようですね。レス頂いていたのに気付きませんでした。「公共事業でんな太りやがって」と時々書かれていますけど、太ってる方のように思えないんですけどね。書かれる内容を読んでいると。

レスが長くなりそうなので、エントリに改めることにします。
| 永田 | 2010/11/27 9:51 AM |
世の建設業・建設コンサル業にかかわっている人間のうち
99%は太れるほどもらえていません
その中で数字には現れませんが殉職に近い形で命を落としている人たちがいます。
肥大しているのは会社と業界かもしれません
なぜか従業員一人当たり年間3000万円も稼いでも赤字という会社もあります
どこにどう消えているのかさっぱり分かりません。
| 高橋徹哉 | 2010/11/30 12:10 AM |
バッグに品質がいいなら、皮質はとても良くて、手には大気の品質も非常に良い、ていますので、包装箱も素敵で、とても好き
| ルイヴィトン スーパーコピー | 2015/03/03 9:43 PM |









http://blog.camuispaceworks.com/trackback/71